色々玉



ゲームが動かない場合は、「Sun」より最新のJavaをダウンロード。

操作説明

マウス左クリック

マウス左ボタンドラッグ

マウス右クリック
マウス右ボタンドラッグ
クリックした位置にボール追加
ボールをつかむ
ボールを移動
壁を設置
クリックしたボールを削除
壁属性変更

詳細

色付玉の改造版です。
5色のボールの間で、引力斥力の働く関係が色によって異なります。

まずは(原色系)の関係。
では、は近付こうとし(引力)、は離れようとします(斥力)。
では、は近づこうとし、は離れようとします。
では、は近づこうとし、は離れようとします。
要するに三角の関係があるものと思ってください。
同じ色同士の場合は、右の[同色:○○]ボタンで動作を選択できます。

白いボールは、全てのボールに対して、斥力をもたらします。
また、黒以外のボールからは斥力を受けます。

黒いボールは、全てのボールに対して、引力をもたらします。
また、白以外のボールからは引力を受けます。
白・黒のボールは、[同色:○○]設定の影響を受けません。


左クリックした位置に何もなければ、そこにボールを設置します。
ボールの色は右の[操作する種類]ボタンの色です。
ボールは最大 45個 まで設置可能ですが、処理落ちしたらそれ以上増やさないでください。
ボールがあった場合、そのボールをつかみます。
そのままドラッグすると移動できます。

右クリックした位置にボールがあった場合、それを除外します。

左クリックドラッグで、壁を設置します。
壁の種類は右の[壁設置:○]ボタンで変更可能です。
・[空]...空白。
・[壁]...普通の壁。
・[板]...板。ぶつからない。
・[穴]...ぶつかるとボールが消えます。
・[高]...高バウンド壁。ボールが跳ね返ったときの速度が速い。
・[低]...低バウンド壁。跳ね返ったときの速度が遅い。
右クリックドラッグで、壁の属性を変更できます。
壁そのものに引力斥力が発生します。
属性の種類は右の[色]ボタンで変更可能です。
属性壁の大量設置は処理落ちの原因になります。

右のボタンで詳細設定できます。
・[増やす]...操作の色のボールをランダムな位置に追加
・[減らす]...操作の色のボールを1つ除外
・[増やす][減らす]の間にある数値...現在のボールの総数
・[操作する種類]ボタンの背景色の色...操作する色
・[設置:空]→[壁]→[板]→[穴]→[高]→[低]→[空]...
  設置する壁の種類([高]は高バウンド壁、[低]は低バウンド壁)
・[色]ボタンの背景色...壁の属性色(灰色は無属性)
・[エフェクトあり]←→[エフェクトなし]...ボールの波動の表示、非表示の切り替え(処理軽減)
・[影響増][影響減]...斥力・引力の強さ
・[ブレーキ]...ボールの速度を半分にする
・[停止]←→[再開]...時間を止める←→再開
・[コマ]...停止中、1コマずつ時間を進行
・[衝突→何もなし]→[色塗り替え]→[色入れ替え]→[消滅]
  衝突後のボールの色(塗替・入替・消滅)
・[同色:無反応]→[斥力]→[引力]...同色のボールに働く力

・ベクトル
この赤いエリアにマウスを乗せると、エリアの中央から矢印が表示されます。
この状態で左クリックすると、すべてのボールに矢印の向きと大きさの力を加えます。
(すなわちマウスのある位置に向かってボールが動く)

・[衝突:色塗り替え]について
(原色系)同士の衝突については、
追いかけられるボールの色が塗り替えられます。
例えば、を追いかけるように影響し合います。
この2色が衝突すると、赤がに塗り替えられます。
原色系は黒と衝突して黒に塗り替えられます。
黒は、白と衝突して白に塗り替えられます。
白は、原色系と衝突して原色系の色に塗り替えられます。
これは、[衝突:消滅]でも同様です。

お世話になった方々

pixia様:ソフト「Pixia」でイメージを作成しました。

サクラエディタ:テキスト打ち込みの基本ソフト。

カタバミ さん:アイディアを提案して下さいました。

その他・余談

初めてリクエストにこたえて制作したものです。
リクエストにはこたえ切れていませんが・・・

前回では、衝突で色付玉がくっついたりする不具合を放置していましたが、
いい加減今回で修正しました。

処理落ちの酷さは・・・アイディアが思いつけば何とかします。


0xな場所 PV:
inserted by FC2 system